Windows11 ファイルの圧縮と解凍

Windows11  ファイルの圧縮と解凍

5月 20, 2022 By miyuki

複数のファイルを一つにまとめたり、小さくして扱いやすくする操作を「圧縮」と言います。圧縮することによりディスクスペースを節約したり、メールに添付して送信しやすくしたり、データの転送をよりスムーズに高速化するため非常に役立つ方法です。
そして「圧縮」したファイルを元に戻す操作を「解凍」と言います。
アプリのインストールなどする必要なく、Windows11には圧縮&解凍するための機能があります。標準のエクスプローラーを使用するだけで作業ができるので、今回はその方法を紹介します。

ファイルを圧縮する形式は色々ありますが、一番多くて広く使用されているのは「ZIP」ジップ形式です。
圧縮したいファイル/フォルダーにカーソルを合わせて右クリックし『ZIP形式に圧縮する』を選択します。
ファイル/フォルダーに名前をつけて間違えないようにしましょう。
ジッパーが付いたファイルのアイコンが出来上がっていれば正しく圧縮された証拠です。
さて次は、解凍されたファイル/フォルダーを解凍(展開)する方法です。
1つめの方法は、ZIP形式で圧縮されたファイル/フォルダーにマウスを合わせ右クリックし『すべて展開』を選択します。展開先の場所、つまり保存したい場所を指定します。
2つめの方法は、ZIPフォルダーにマウスを合わせダブルクリックし、中を開きます。
そして必要なファイル/フォルダーを好きな場所へドラッグします。

いかがでしたか。たったこれだけの操作で、大きな容量のファイルやフォルダを圧縮できれば、他の人へ送る時にも高速で一度に送れるので便利ですね。
https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%92%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E5%B1%95%E9%96%8B%E3%81%99%E3%82%8B-8d28fa72-f2f9-712f-67df-f80cf89fd4e5