TECHNOLOGY, INTERNET TRENDS, GAMING

Windows10で試してほしい無料VPN

Windows10で試してほしい無料VPN

今さらですが【VPN】とは何でしょう?
Virtual Private Networkの頭字語であるVPNは、ネットサーフィン中のセキュリティを保護することを目的としたツールです。直訳すると「仮想の専用線」という意味があります。名前の通り、特定のユーザーしか利用することができません。つまり、部外者がVPNの通信内容を盗み見ることは不可能です。
VPN接続を利用すれば、フリーWi-Fiと比べて情報漏えいやウイルス感染などのセキュリティリスクを抑えることができます。インターネット上に設けた仮想の専用線を通り、安全な環境でデータのやり取りをする接続方法です。
例えば海外在住の日本人が、海外のIPアドレスでTVerを見ようとしても不可能です。なぜならTVerは日本国内向けのサービスだから。そこでVPNを利用して、日本のサーバー経由でアクセスすると、日本のIPアドレスに置き換わるので、動画の視聴が可能になるのです。

そんな便利ならスグにでも利用したい!という人へ。
今回はWindows10に適したVPNを紹介します。
【OPERA VPN】https://www.opera.com/ja/features/free-vpn
こちらはソフトをインストールするのではなく、Operaをブラウザに使うだけ。
インストール済みなので拡張機能メニューで有効にしたら直ちに利用を開始できます。
無料で利用できるうえ、データ通信量は無制限ですが、通信が遅いのがデメリットです。サーバー地点はヨーロッパ、北アメリカ、アジアの3つから選択できます。
Opera for Windows 10をダウンロードして操作を有効にするには、Operaブラウザにアクセスし、Alt+Pのキーの組み合わせを押します。設定を開くには、[プライバシー]項目を選択し、[VPN]をクリックします。この時点で、左側のアドレスバーの横に、VPNの画像と音声が表示されます。Opera VPNの記号をクリックすると、サービスを有効または無効にしたり、接続元の世界の場所と地域を選択したり、データと使用されたデータの統計を確認したりできます。したがって、Operaは、ユーザーがプライベートモードで閲覧するときに、Windows10用の無料でダウンロード可能なVPNを使用することもできます。

【Hotspot Shield】https://www-hotspotshield-com.translate.goog/?_x_tr_sl=it&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=op,sc
Windows 10用のVPNを無料でダウンロードできるもう1つのサイトは、Hotspot Shieldです。
無料プランなら毎日500MBまで利用できます。これは標準画質で約40分ほど毎日ストリーミングできる通信料です。ただし無料プランではアメリカの一つにしか接続できません。有料プランにすると、通信量は無制限で、世界110か国以上、1800以上のサーバーと接続することが可能になります。

本来は、安全面からみて有料のVPNサービスを使用することをお勧めします。無料VPNは、個人情報を漏洩したり、デバイスにマルウェアをインストールしたり、非常に悪質なものもあるので、実際に利用した人達の口コミなどを参考にし充分に気をつけて利用して下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。