WhatsApp うっかりメッセージを削除してしまった時は

WhatsApp うっかりメッセージを削除してしまった時は

1月 7, 2022 0 By miyuki

【WhatsApp】という無料でインストールできるメッセージアプリはご存知でしょうか?
LINEとほぼ同じように、チャット機能・音声/ビデオ通話ができるメッセージアプリです。相手の電話番号さえ登録すれば簡単に繋がれることから、世界中で利用しているユーザーは10億人を超えるほどです。
そんな便利なWhatsAppアプリを、うっかり削除してしまったら?
大切なメッセージや写真をうっかり削除してしまったら?
そんな時のために、今回は復元する方法を紹介します。
実はGoogleドライブはWhatsAppユーザーにチャットをバックアップするためのストレージスペースを提供しています。さらに、2018年8月以降、Googleユーザーにメールで送信されたメモに記載されているように、「2018年11月12日以降、すべてのユーザーに対して、WhatsAppとGoogleの間の新しい契約に従い、WhatsAppのバックアップはGoogleドライブのストレージ割り当てに影響しなくなります。ただし、1年以上更新されていないWhatsAppバックアップは、ストレージスペースから自動的に削除されます」という発表がありました。
まずはWhastAppメッセージのバックアップを取っているかを確認しましょう。
アプリを開き、右上にある3つの点、縦に並んだ3つのドットをタップして『設定』→『チャット』→『バックアップ』と選択していくと、最後にバックアップされた日にちが表示されます。
長期間バックアップしていない人は、ここでまずバックアップをしておくことをお勧めします。
もし復元したいメッセージが、バックアップした日より以前のものなら復元は簡単です。
WhastAppアプリをアンインストールし、再びインストールするだけでOKです。再インストールする時に『古い会話を復元するかどうか』を選択できるので、復元するを選びます。
Android携帯では、WhatsAppフォルダを削除しない限り、ローカルバックアップからチャット履歴とメディアを復元することもできます(Googleドライブなし)。
もしバックアップをしていないメッセージを復元したい場合は少し手順が面倒になりますので、専用のソフトを使用するのがいいでしょう。
「dr.fone-iPhoneデータ復元」https://drfone.wondershare.jp/ios-data-recovery.html など、無料体験のできるソフトもあるので試してみて下さい。
まずはソフトをインストールし、メニューを開くと「データ復元」という項目がありますので、そちらを選択します。そしてUSBケーブルなどを使ってデバイスとパソコンを接続します。
接続すると、復元できるデータが一覧で表示されるので【WhatsApp&添付ファイル】を選択し【開始】をクリックします。その後は指示に従い、WhatsAppの削除されたファイルをスキャンし、デバイスに復元します。

慌ててしまうことがないよう、大切なメッセージや写真などは日頃からバックアップをしておきましょう。