TECHNOLOGY, INTERNET TRENDS, GAMING

WhatsAppのチャットをPDFに

WhatsAppのチャットをPDFに

WhatsAppチャットをPDFにエクスポートすると、さまざまな理由で役立ちます。
世界の16億人以上が利用しているWhatsApp、国境を越えてビジネスで利用しているユーザー、時には裁判などの公式記録として提出することがあるかも知れません。
今回はWhatsAppのチャットをPDF形式で保存する方法を紹介します。

WhatsAppを起動し、エクスポートしたい会話を開きます。
画面右上にある3つのドットをタップし『その他』から『チャットのエクスポート』を選択します。
表示されるポップアップ画面から移動させるメールクライアントを選択し送信します。
この時チャットは(.txt)としてメールに添付されています。
メールをき開き、受信したWhatsAppチャットを開き、デバイスにダウンロードしたあと、WPSOfficeアプリで添付ファイルを開きます。(注・スマホにWPSOfficeがインストールされていない場合は、それぞれのアプリストアからインストールして下さい)
エクスポートされたチャットを含むテキストファイルをWPS Officeアプリで開き、アプリの下部にある[ツール]アイコンをタップし、『PDFとしてエクスポーション』を選択します。
[場所]セクションをタップして、エクスポートしたチャットを保存するデバイス上の場所を選択、そして[PDFとしてエクスポート]ボタンをタップして、エクスポートしたWhatsAppチャットをPDFファイルとしてスマートフォンに保存します。

Androidスマホのユーザーは、WhatsAppチャットをPDFに直接エクスポートできますが、先にスマホにファイルマネージャーをインストールする必要があります。
使用しているファイルエクスプローラーアプリを開き、通常は内部ストレージにあるWhatsAppフォルダーを見つけます。

このフォルダを開くと、「データベース」という名前の別のフォルダが表示されます。「データベース」フォルダを開き、「mgstore.db.crypt12」という名前のファイルを見つけファイルをコピーします。
次に、Androidスマホをコンピューターに接続し、コピーしたファイルをPCに転送します。OneDriveやDropboxなどのクラウドサービスを使用してファイルを転送することもできます。
PCでWhatsAppViewerを開き「ファイル」→「開く」→「ファイルの選択」をクリック、mgstore.dbファイルを見つけます。「アカウント名」フィールドを空のままにして、「続行」をクリックします。
PDFとしてエクスポートするチャットを見つけて、TXTファイルとしてエクスポートすることから始めます。次に、ドキュメント変換ツールを使用してTXTファイルをPDFに変換するか、上記のパート1で行ったようにMSWordを使用できます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。