Title: コンバージョン率を最大化するために、WEBサイトのUXを最適化するには?

Title: コンバージョン率を最大化するために、WEBサイトのUXを最適化するには?

7月 9, 2021 0 By Redazione

UXがマーケティング戦略として確立された現在、Webページの制作はより簡単になりました。これは、サイトを訪れた各ユーザーの体験を完璧なものにするためのユーザー体験テストです。なかでも、人間工学やアクセス、デザインなどが含まれます。各ユーザーがWebサイトにより満足し、また再度そのサイトを訪れることを目指します。WebサイトのUXを最適化するためには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。

訪問者の行動を分析

UX最適化の最も重要なステップの一つは、訪問者が何を探しているのか、どう行動しているのかを理解することです。ユーザーの行動を知ることで、自社のサービスを選んでもらえない要因を突き止めることができます。そうすることで、自社のプラットフォームで何を改善すればいいのかを明確にすることができるのです。

最適化すべき要素を知るためには、サイト利用者がどのような経路を辿っているのかを知る必要があります。メニュー、コンテンツ、ロゴといった、サイトを構成するすべてのパーツのパフォーマンスを調査してみましょう。この効果を得るために様々なソフトウェアが用意されています。これにより、ターゲットの対象者の行動やトレンドに焦点を当てた調査結果を得ることができるでしょう。

例えば、自社のプラットフォーム上でのクリック率を分析することで、どの要素が対象ユーザーの興味をそそっているのかがわかります。同時に、開発における貢献度に応じて、サイトの構成要素をランク付けすることもできます。オンラインカジノのサイト「ジャックポット・シティ(Jackpot City)」では、プレーヤーの快適さを重視しています。入金はもちろんのこと、ユーザーアカウントからの出金にも複数のオプションが提供されています。

最適化すべき目的と軸の明確化

Webサイトの開発を便利で役立つものにするために、最適化の目的と軸となるものを決定しましょう。まずはバグ対応から始めましょう。対象ユーザーの行動を遅らせてしまうことになるからです。例えば、ページ上でカート内に商品を追加できないと、通常、訪問者は諦めます。そのため、コンバージョンパスの決定的な要素を改善する必要があります。それは入力フォームであったりCTAであったりします。簡単に変更できるのが利点です。

対象ユーザーの行動分析で得られた、こっそり隠れた最適化の軸となるものを見落とさないようにしましょう。自社のプラットフォームへの訪問者数は多いのに、コンバージョン率は減少している可能性があります。サイトの読み込み速度やデザインの改善が望まれるかもしれません。

サイト利用者は多くの時間をスマートフォンやタブレットの前で過ごしています。こういったモバイルデバイス向けのページを最適化することで、コンバージョン率を大いに高めることができるでしょう。

カスタマイズとテスト

どれがお客様の期待に最も応えることができるのか、すべてのアイディアを試してみましょう。例えば、注文の予約方法を様々な配置で試してみてください。これは、コンセプト、配送、お得情報などのマーケティング活動に大いに役立つでしょう…。

カスタマイズが求められているのは、実際、訪問者が各々の要求にピッタリ合った体験をしたいと思っているからです。Webページを大幅に最適化するのではなく、各ユーザーごとに体験をカスタマイズしてみてはどうでしょうか。カスタマイズはは、サイトのすべての要素に必要な場合もあれば、一部の要素だけに必要な場合もあります。