サイトアイコン Syrus

SSDをインストールして使用する方法

ハードディスクには主にHDDとSSDの2種類があります。
HDDは大容量のストレージを提供していますが、起動時間が比較的に遅いなど、最近では大容量のSDDも安価で入手することができ、SSDをプライマリードライブをして使用する人も増えています。
そこで今回はSSDの取付方法を紹介したいと思います。

SSDを取り付けるにあたり、まずは下記の事項に注意して下さい。
①SSD がデフォルトの起動ドライブとして使用されている場合は、マザーボードの番号が最も小さい SATA ポートに接続されていることを確認してください。この提案により、信頼性の高い起動のための互換性が向上し、通常のデフォルトの起動プロセスに適合することも保証されます。
②最高の読み取り/書き込みパフォーマンスを得るには、「SATA3」以上のケーブルとドライブが最適です。これは、マザーボードの「ポート 3」を意味するものではないことに注意し。USB 2.0 や USB 3.0 と同様に、SATA 接続のタイプを意味します。
➂一部の製造元には、そのドライブに固有の説明が含まれているため、製品に付属の情報をよく確認してください。
④ほとんどドライブ ベイ スロットに収まる3.5 インチ幅に変換するドライブ ベイ アダプターが必要です。ただし、 PC ケースによっては、2.5 インチのベイが使用できる場合があります。新しい SSD を購入する前に、ケースまたはマニュアルを確認してください。

では実際に、安全性とノウハウの基本を理解したところで、実際の SSD の取り付けを開始します。

ステップ 1: SSD をドライブ ベイに取り付ける
ほとんどの SSD は 2.5 インチのラップトップ ドライブ ベイに収まりますが、デスクトップ PC では機能しない場合があります。一部のソリッドステート ドライブには、ドライブ ベイに正しく保持するための取り付けブラケットが含まれているため、作業を開始する前にドライブをアダプタに取り付けてください。
次に、2.5 インチのドライブ ベイがない場合は、3.5 インチのドライブ ベイを探します。ケースの前面に切り欠きのある露出したベイを使用しないように注意してください。これは、メモリ カード リーダーおよび DVD/Blu-Ray ドライブ用で、空いている隙間を埋めるためです。
お使いの PC ケースにドライブ レールまたはスクリューレス フィッティングがある場合は、新しい SSD の取り付け手順についてケースのマニュアルをお読みください。他のケース タイプの場合は、ドライブ側面のネジ穴がドライブ ベイの穴と揃うまで、ハードディスクをスペア ドライブ ベイにスライドさせます。ディスクは、ケースの両側にある 2 つの 4 つのネジで固定されています。

ステップ 2: SATA の「電源ケーブル」を「SSD」に差し込みます
電源から正しいコネクタを見つけて、SSD の背面に差し込みます。一方向にしか進まず、通常は接続時にカチッと音がします。
注: SATA 電源コネクタを SSD に差し込むときは、細心の注意を払ってください。下向きの圧力でクリップが破損する可能性があり、クリップがないと電源プラグが所定の位置に留まりません。

ステップ 3: SATA の「データ ケーブル」を「SSD」に差し込みます
IDE とは異なり、SATA はシンプルで薄いコネクタを使用してデータを伝送します。このケーブルは、SATA 電源ケーブルよりも小さいです。マザーボードには通常、複数の SATA ケーブルが同梱されているため、同梱されている場合はその 1 つを使用してください。SATA データ プラグを SSD の背面に静かに挿入します。マザーボードの SATA 電源ジャックと同様に、一方向にのみ差し込んで、正しく接続するとカチッと音がします。
繰り返しますが、SATA ケーブル コネクタをソケットに差し込むときは注意してください。下向きの力でコネクタが破損し、SATA ケーブルが差し込めなくなる可能性があります。

ステップ 4: SATA の「データ ケーブル」を「マザーボード」に接続
マザーボードで使用可能な SATA ポートを見つけます。SATA コネクタは通常、ボードの右下にあり、番号が付いている必要があります。SATA ポート番号が小さいほど、その入力は PC のブート チェーンの前に位置します。たとえば、通常、「SATA1」または「SATA 1」が最初の起動デバイスになり、その後に「SATA2」または「SATA 2」が続きます。
複数のドライブを取り付ける場合は、可能な限り、「起動」ドライブが最も小さい番号のポートに接続されていることを確認してください。マザーボードのマニュアルを調べて、すべてのポートが同じ動作をすることを確認してください。一部の SATA ポートは、Redundant Array of Independent Disks (RAID) セットアップ用に予約されることがよくあります。
SATA ケーブルをマザーボードに接続するときは、ドライブと同じように一方向にのみ接続します。ケーブルが正しく接続されると、クリック音が聞こえます。

では最後に、古いドライブから取り付けたSSDへデータを転送する方法を紹介します。

Windows でファイルをドライブからドライブに移動する方法
Windows では、ファイルの移動が簡単になります。
[設定] と [マイ コンピュータ] の下に、システム上のファイルを含むフォルダのリストが表示されます。
SSD が正しくインストールされると、新しいドライブが Windows に表示されます。各フォルダーのプロパティにアクセスして、それらを新しい SSD に移動できます。

Windows を HDD から既存のコンピューターの SSD に転送するには
①既存のマシンで Windows を HDD から SSD に移行するための最初のステップは、ドライブがオペレーティング システム全体を保持するのに十分な大きさであることを確認することです。HDD スペースを新しい SSD と比較します。
②SSD をコンピュータに接続します。
➂次のステップは、現在のマシンのシステム イメージを作成することです。「コントロール パネル」に移動し、「バックアップと復元」を選択して、「システム イメージの作成」をクリックします。
④次に、システム イメージにコピーするパーティションを選択します。Windows ドライブを選択したことを確認します (通常、これは「C」ドライブになります)。システム イメージの作成には 30 分から 1 時間かかります。
⑤次のステップは、新しい Windows コピーを SSD にインストールすることです。このタスクでは、Windows Media Creation Tool (Microsoft の Web サイト) を使用して、別のデバイスにインストール メディアを作成します。Windows がインストールされるデバイスとして SSD を選択します。
⑥HDD を新しい SSD に交換し、コンピュータを起動します。「高度な起動設定」に入り、「SSD」からシステムを起動します。セットアップの準備ができたら、「修復」オプションを入力し、「詳細オプション」を選択して、 「システム イメージの回復」を選択します。
⑦残りのセットアップ手順をクリックすると、コンピューターが SSD からオペレーティング システムを起動します。

上記の作業を進める時には、細心の注意が必要となります。
例えば静電気に注意したり、作業周辺が整理整頓されているかなどにも充分な配慮のうえ取り付け作業を行うようにしましょう。

モバイルバージョンを終了