iPhone 写真や動画の圧縮ができるサイト 

iPhone 写真や動画の圧縮ができるサイト 

9月 27, 2021 0 By miyuki

つい先日iPhone13が発売され、シネマティックモードでの撮影が驚くほど素晴らしい仕上がりになると話題になっています。自動的にAIが被写体を捉えてピントを合わせてくれるため操作も非常にシンプル。ますます動画を撮影したくなりますね。

しかし撮影した動画や写真が大量に増えすぎて困っていませんか?

最近のiPhoneは非常にクオリティの高い撮影ができるのは周知の事実、しかしそういった画像はファイルサイズが大きくて容量がすぐにいっぱいになる、またはSNSに上げたくても圧縮しなくちゃいけない、など困っている人も多いのではないでしょうか。

そもそも、iPhoneのカメラで撮影すると基本的に写真のデータ形式は「HEIC」になります。一般的に知られる「JPG(JPEG)」形式とは異なりますが、この「HEIC」とはいったい何なのでしょうか?

「HEIC」とは、High Efficiency Image Containerの頭文字を取った言葉で、静止画像データの容量を圧縮する画像ファイル形式の一つです。元の画像の高画質さをキープしながらJPG形式の約50%のデータサイズに圧縮できることが特長です。

50%のサイズに圧縮されているとはいえ、画質のクオリティを下げずにもっと小さくしたい、という人へお勧めの方法を紹介します。

 

もし圧縮したい動画が少しの場合は、オンラインツールを試してみてはいかがでしょう。

【Clideo】https://clideo.com/compress-video

こちらはインストールしなくてもiOSアプリと同じように使うことができるのがメリットです。

動画をアップロードして、ツールで変換し、変換されたファイルをクラウドのストレージにダウンロードするだけです。残念なのは、変換した動画を直接iPhoneに保存するオプションないこと、そして動画にClideoのURLが追加されるということ。しかし動画を切り取ったり、音楽付きのスライドを作成できたり、圧縮だけではない機能も備わっています。

次に紹介するのは【iLoveIMG】https://www.iloveimg.com/ja

こちらは圧縮だけではなく、サイズの変更や写真に加工をしたり、PFDを他へ変換、またはその逆など様々な編集ができるサイトです。サインアップしなくても使用できますが、容量に制限がありますのでご確認ください。

 

これ以外にもサイズを小さくする無料アプリは沢山ありますし、そもそも撮影する時に動画の解像度を下げておくのも一つの方法です。少し動画のクオリティが下がっても最近のiPhoneの画像は目を見張るものがありますので、全く問題ないと言ってもいいでしょう。

このようにサイズを小さくしたり圧縮することによって、共有もしやすくなりますし、SNSへの投稿もスムーズに行えるので是非この機会に試してみてはいかがでしょう。