Google検索結果をフィルタリングする方法について

Google検索結果をフィルタリングする方法について

7月 20, 2020 Off By mariateresa

インターネットは誰でもどこでも簡単に利用できる。一人の時間で使ったり、オフィスで使ったり、子供と一緒に、または、子供が一人の時でも使う。

場合によって、あるサイトの閲覧を制限するのは必要である。

これから、グーグル検索結果のフィルタリング方法について見ていこう。

グーグルは、セーフサーチという機能があり、設定は以上に簡単だ。

グーグルの「検索設定」にアクセスしてからセーフサーチのチェックボックスをオンにすると、不適切なサイトをブロックされる。

つまり、ブラウザで検索する時にアダルトサイトやオカルトサイト、犯罪サイトへつながるようなキーワードを入力しても年齢制限のあるコンテンツが表示されない。

また、検索したキーワード自体に不適切な表現がなくても検索結果に不適切なサイトが表示されることがあるが、セーフサーチを利用すると、不適切な表現が含まれる検索結果を自動的にフィルタリングされる。

100% の精度ではないが、ポルノなどの露骨な表現のようなコンテンツを グーグル検索の結果から除外するということに役に立つ。特に、個人のアカウントまたは職場、学校のデバイスとネットワークに対して使うべき。

当然のことながら、グーグルセーフサーチは、グーグルの検索結果に対してだけ機能される。ネットのユーザーが異なった検索エンジンを使って不適切なコンテンツを見つけたり、直接そのようなサイトにアクセスしたりすることは予防できない。

子供用のデバイスやアカウントなどに「グーグルファミリー リンク 」というアプリも便利な機能になる。

ペアレンタルコントロールとしてよく使われている無料アプリで、検索で有害なコンテンツの除外だけではなく、子供のアプリ利用の管理や利用時間の制限や子供の位置情報まで確認できる。