Apple WatchでSiriを利用する方法について

Apple WatchでSiriを利用する方法について

8月 8, 2020 Off By mariateresa

Apple Watchでは、iPhoneのように「Siri」というパーソナルアシスタントを利用することが可能である。

「Hey Siri」 と呼びかけるだけで、ハンズフリー操作で、電話の発信やメッセージの送信や音楽を聴くこと、また、スケジュールの確認や道案内や「Siri」に質問するなどのような作業ができる。

以降、この便利な機能はAppleWatchで設定するための方法を見に行きたい。

まずペアリングしている iPhone で、「Siri」を有効にする必要である。iPhoneのホーム画面の「設定」から「Siri と検索」をタップし、「”Hey Siri” を聞き取る」がオンになっていることを確認する。Apple Watchに向かって「Hey Siri」と呼びかけることで「Siri」を起動することができる。

Apple Watch Series 3 以降で、下にスクロールして「音声フィードバック」を表示し、どういう状況で Siri に音声で答えてもらいたいことを選べられる。「常にオン」、「消音モードで制御」、「ヘッドフォンのみ」から選択できる。

watchOS 5 では、「Hey Siri」と言わなくても Siri が反応 する。

Apple Watch で、「設定」から「Siri」をタップし、「Hey Siri」と「手首を上げて話す」をオンにすることで、装着した手首を上げて、口元に近づけて、話しかけることで「Siri」を起動することができる。

AppleWatchで「Siri」を起動するのもう一つの方法がある。Apple Watch側面にある「Digital Crown」を長押しすることで、Siriを起動することができる。

そして、Apple Watchで「Siri」の「文字盤」を使うことで、「Siri」を起動することができる。「Siri」の文字盤を表示して、「Siriアイコン」をタップし、「Siri」に話しかけることで「Siri」を起動する。