Android Automotive オペーレティングシステムについて

Android Automotive オペーレティングシステムについて

10月 24, 2020 0 By mariateresa

Googleは、開発者会議Google I/Oにて Android Automotiveオペレーティングシステムを一般公開した。

アンドロイドは自動車業界と前からコラボして、2014年からAndroid Autoが開発された。アンドロイドオートはAndroid端末を自動車内での利用に最適化するためのアプリである。

Androidモバイルデバイスを自動車に接続して、Google マップナビやその他のアプリケーションを使える。また音楽再生やウェブ検索、SMS、電話などの機能と、サードパーティーアプリのインストールをサポートする。

2019年に発表されたAndroid Automotive OSは、オープンソースのモバイルオペレーティングシステムAndroidをモデルにしているが、Android端末を利用せずに、Googleの改造により車の中で使用できる。

始めてこのOS利用する自動車メーカーは、VolvoとVolvoのEV子会社Polestar、またAudi となる。

その次、General MotorsやGroupe PSAなどもAndroid Automotive OSを2021年~2023年の間で導入する予定があると発表した。

Android Automotive OSは、運転中におけるインフォテイメント(IVI:In-Vehicle Infotainment、情報と娯楽のこと)のアプリの代表例となるメディアアプリ(Media Apps)の開発が可能な環境を公開する予定のである。車載情報機器のアプリケーション開発は、画面サイズや入力方法などが、自動車メーカーそれぞれのカスタマイズ、国や地域の法規制の違いによって多様化されるのである。

また、将来にAndroid Automotive OSは、インフォテイメントのみならず、自動車の特定の機能(エアーコンなど)を管理できるという目的がある。