TECHNOLOGY, INTERNET TRENDS, GAMING

Adobe Reader PDFが勝手に閉じてしまう

Adobe Reader  PDFが勝手に閉じてしまう

Adobe Acrobat Reader(旧 Adobe Reader)と は、PDF ファイルの表示、検索、印刷をするためのソフトウェアで、無償で提供、配布されています。PDF は世界的に普及している電子文書フォーマットで、Acrobat Reader を使用すれば誰でも PDF ファイルを開くことができる今では欠かすことのできないソフトウェアという訳です。
無料版、有料版の両方がありますが、よほどビジネス時に使用しない限りほぼ無料版で十分な機能が揃っていると思います。詳しくはこちらhttps://www.adobe.com/jp/acrobat/pricing/compare-versions.html

そんな便利なAdobe Acrobat Readerですが、PDFが数秒後に勝手に閉じてしまうトラブルが起きることがあるようです。Adobe ReaderPDFが数秒後に自動的に閉じた場合の対処方法を理解することが重要になります。
こういったトラブルが発生した場合、いくつかの解決方法が考えられます。
まず、ソフトウェアを起動して【製品を最新バージョンに更新する】オプションを選択し、次に【更新を確認する】を選択して、Acrobat Readerをより新しいバージョンに更新します。その後プログラムウィンドウ内に表示される手順に従って最新のアップデートをダウンロードしてインストールします。
これが機能しない場合、ユーザーは【正しいAcrobatインストール】コマンドを実行することができますが、他のすべてのアプリケーションを閉じた後です。プロセスが終了したら、コンピュータを再起動する必要があります。

Adobe Reader PDFが数秒後に自動的に閉じる場合、ユーザーは【保護されたビュー】をアンインストールしようとする可能性があります。実際、Adobeにアクセスするには、最初に【編集】、次に【設定】、最後に【高度な保護】を選択します。これは左側にリストされている項目の中にあるオプションです。
同時に、ユーザーは【サンドボックス保護】パネルにアクセスし、【保護されたビュー】より【無効】オプションを選択し、最後に【OK】をクリックしてPCを再起動します。
さらに、Distiller DCを起動するように設定することで、AdobeReaderがアクティブかどうかを確認できます。
このオプションを選択した場合は、[Windows + R]を押して[ファイル名を指定して実行]コマンドウィンドウを開き、[開く]オプションに「acrodist」と入力して[OK]をクリックする必要があります。
Acrobatがアクティブでない場合、「ログインが必要です」というラベルの付いたダイアログボックスに警告メッセージが表示されます。
この時点で、[今すぐログイン]コマンドをクリックするだけで、必要なアクセスを行うために、表示されるすべての指示と表示を実行できます。
実際、アクセスアクションが完了すると、製品がアクティブ化されます。最後に、Distiller DCを停止し、Acrobat DCを起動して、PDFが数秒後に閉じずに使用できるかどうかを確認するだけで十分です。
リモートワークが増えた昨今、PDFを必要とする機会も多いかと思います。万が一のトラブルに備えて最新バージョンかどうかを確認しておくのも大切です。https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/cq08061501.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。