言語学習は、Netflix で楽しめる

言語学習は、Netflix で楽しめる

2月 15, 2020 Off By mariateresa

  映画や好きなテレビ・ドラマを見ながら、外国語を学ぶことができるのだろうか。

 動画配信サービスが溢れる今の時代、外国語の映画を楽しむこと、そして、簡単に他言語を学習することも可能である。

最も人気な動画配信サービスは、hulu、 Amazonプライム・ビデオ、 U・Nextなど、もちろん字幕・吹き替えの設定は可能だが、Netflixが、Language Learning with Netflix(以下 LLNと表記)というChrome 拡張のおかげで、Netflixコンテンツを利用しながら、外国語を学習できる。

LLNはウェブブラウザのChromeに追加して利用する拡張機能である。この拡張機能を利用すると、Netflixで公開されている多くの映画やテレビ・ドラマを観ながら、外国語を学ぶ事ができる。

使い方は簡単で、Chromeウェブストアの「LLN」に行き、拡張をインストールすること。この拡張機能を追加した状態でNetflixのページで映像を見ると、視聴画面の下の部分に2段の字幕が表示される。上段はNetflixが提供するオリジナルの字幕、下段はそのオリジナルの字幕を機械翻訳した字幕である。

そして、英語または他言語のセリフが画面右にも表示され、そのセリフをクリックするとすぐに音声で聴ける。

また、知らない単語が出てきたら、字幕にマウスオーバーすると辞書が表示され、単語の意味をすぐ調べることができる。

日本のアニメを愛するイタリア、フランス、ドイツなど、ネットフリックスがスタジオ・ジブリの作品を2020年2月から配信するということ。

2020年2月から4月にかけて全21作品を公開される。2020年2月1日には、「となりのトトロ」「紅の豚」、「魔女の宅急便」など7作品、3月1日からは「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」など7作品、4月1日からは「ハウルの動く城」、「風立ちぬ」、「思い出のマーニー」など7作品が公開される予定。

世界中のアニメ・ファンは、LLN機能で日本語でスタジオ・ジブリの傑作を楽しめるのだろうか。

今年、第92回アカデミー賞授賞した韓国のポン・ジュノ監督は、色々な映画賞を貰い、ゴールデン・グローブ賞受賞スピーチで、「字幕のという1インチの壁を越えれば、もっと多くの素晴らしい映画と出会うことができると思う」というコメント。

これから、テクノロジーのおかげで、字幕の「壁」を越えるために、字幕の2段の「階段」を使えるようになる。