プライバシーを保護:インターネットを安全に閲覧する方法

プライバシーを保護:インターネットを安全に閲覧する方法

3月 6, 2021 0 By Redazione

ChromeやFirefoxなどのWebブラウザを使用してネットサーフィンをすると、閲覧したウェブサイトのデータの一部が保存されてしまいます。そのため、プライバシーを保護しながらネットサーフィンをしたい場合は、対策を講じる必要があります。

この記事では、プライバシーを保護しつつ、安全にWebサイトを閲覧する方法をご紹介します。

1. シークレットモードを有効にする

ChromeやFirefoxなど、ほとんどのブラウザには「シークレットモード」と呼ばれる機能が組み込まれています。

シークレットモードを有効にすると、クッキーや、履歴、ウェブフォームに入力する可能性のあるデータ(クレジットカード番号、住所、名前など)が保存されないようになります。

シークレットモードを有効にする方法は、以下の通りです。

  1. ブラウザの右上にあるメニューボタンをクリックします。
  2. 新しい「シークレットウィンドウ」または「プライベートウィンドウ」を選択します。
  3. ブラウジングを開始します。
  4. シークレットモードを終了するには、開いているウィンドウを閉じるだけです。

2. ゲストモードを利用する(Chrome限定)

「ゲストモード」とは、Chromeブラウザのみで利用できる機能で、他人のパソコンを使ってWebサーフィンをしている場合や、仕事専用のパソコンを使用している場合、図書館で文書を印刷する際にパソコンを利用する場合に最適なオプションです。

ゲストモードを有効にすることにより、クッキーやブラウザの履歴を保存せずにWebサイトを閲覧することができます。

ゲストモードは、シークレットモードよりも機密性が高く、通常モードで蓄えられたデータが反映されることもありません。なので、シークレットモードでは表示されるブックマークや予備候補といったデータも非表示になります。

ゲストモードを有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. Chromeのユーザーアイコンをクリックします。
  2. 「ゲストウィンドウを開く」を選択します。
  3. ブラウジングを開始します。
  4. ゲストモードを終了するには、開いているウィンドウを閉じるだけです。

3. SSL(https)化されていないサイトを避ける

SSLとは、ネット上でのデータの通信を暗号化して、盗聴や改ざんから守る仕組みのことで、SSL化されているウェブサイトのURLには「https」と表示されます。

SSL化されていないWebサイトにアクセスしようとすると「安全ではありません」という警告文が表示されます。SSL化されていないサイトにアクセスして、危険な情報を閲覧している場合や、居住地で許可されていない情報を閲覧している場合に、危険にさらされる可能性があるため、SSL化されていないサイトへの訪問は極力避けるようにしましょう。

4. 追跡しない検索エンジンを利用する

検索エンジンと言えば、誰もがGoogleを思い浮かべるでしょう。Googleは、世界的に認知度の高い検索エンジンで、日本でもYahooよりもGoogleの方がユーザーは多いです。

Googleは検索エンジンだけではなく、広告サービスを提供することでも有名です。Google広告を使うと、企業がGoogleの検索結果ページに広告を掲載することができます。ユーザーに適切な広告を配信するために、Googleはサービスを利用するすべての人のデジタルプロファイルを作成しています。

検索エンジンを利用する際に、データを記録させないようにするには、追跡しない検索エンジンを積極的に利用しましょう。

DuckDuckGoは、「追跡しない検索エンジン」として、2008年に登場しました。ユーザーを追跡するためのクッキーを使用しないことを約束していて、利用者の個人情報を収集しないと宣言しています。あなたのIPアドレスでさえも隠されます。

DuckDuckGoはユーザーのデジタルプロファイルを作成しないので、過去の検索履歴や個人的な好みに基づいて検索結果をカスタマイズすることはせず、すべてのユーザーに同じ検索結果を提供します。

5. VPNを利用する

VPN接続とは、仮想プライベートネットワークの略で、インターネット上に仮想的に専用のネットワークを構築することで、オンラインでのプライバシーと匿名性を提供する仕組みのこと。

VPN接続を有効にすると、あなたのIPアドレスを隠してくれるので、あなたのオンラインアクティビティは事実上追跡が不可能になります。

VPNサービスは安全で暗号化された接続を確立します。そのため、不特定多数の人たちが利用する公衆Wi-Fiネットワークを利用しているときでも、VPNを有効にすると重要な情報が暗号化されるので、ネットプライバシーを保護することが可能です。